あおぞら。

ただのサラリーマンの日常です。

C言語への誘い

今年度が始まってもう二ヶ月だ。

昨年度まで仕事ではほとんどC#ばかり使っていたわけで、今ではC#での開発は自分の中でも不自由なく行えるようになった。
なのに今期が始まってみると、課題として渡されたのはC言語メインの開発。しかも開発環境はLinuxサーバなのでViコマンドを使わなければならない。

「ちょっと待ってください。C言語とかほとんどやったことないんですけど。
とりあえずやってみてで素人がやれるんだったら、どこの企業も社員教育に苦労しませんぜ旦那ぁ」
なんて上司に言えるわけもなく、笑顔で「はい。頑張ります。」と答えたものの、なかなか苦しんでいる。

僕のC言語の経験を以下に簡単にまとめたい。
・大学一回性の時の情報の授業で少し勉強した。
・大学二回生の時の演習の授業で簡単なシミュレーションプログラムを作った。
・M1の時に過去の先輩の作ったシミュレーションプログラムを数行いじった。
・昨年の年末、社内ツールの手直しを行った(これももとのプログラムをちょっといじっただけ)。その際に大学一回生の時に使っていたC言語の参考書を引っ張り出してきて一通り読み直した。

お恥ずかしい話、昨年末にC言語の参考書を読み直すまで、C言語にstringが無いこと(文字はcharの配列やポインタで扱うこと)、ポインタ、構造体などのC言語の基本となることを何も知りませんでした。
これで「一応C言語は少しやってました。」なんてドヤ顔で言ってたわけだから、なんとも恥ずかしい話である。

年末に何とかC言語の基本を頭に叩き込んだわけだが、年が明けてから三月末までまたC#で開発を行っていたわけだから、頭の中は完全にC#に逆戻り。

コンパイルが成功しないと思ったら
for(int i=0;・・・)
なんて書いていたり。
(C#ではfor文の中で変数iを宣言してよいが、C言語ではfor文の前であらかじめ宣言しておかなければならない。)

ようやくC言語とViに慣れてきたころに連休突入。。。

 


とまあ色々大変なことはあったけれど、新しい言語を修得していくことはそれはそれで面白い。
何だかんだで開発も順調?に進んでいるし。


何かC言語の良い本無いですかね?

 

 

※お知らせ
新しいブログを始めました。

【お知らせ】理系の就活やキャリアに関する新しいブログを開設しました。 - あおぞら。