あおぞら。

ただのサラリーマンの日常です。

苦難が人を成長させる

土曜日(9/24)はサッカー部の練習試合でした。

試合は11人でのゲームを30×3本で行われました。

1本目はベンチスタート。いわゆる控えですね。覚悟はしてた(というかそらそうだろ、という感じ笑)んですが、いざ外れるとやっぱり辛いですよね。

今まで人数ちょっきりの練習試合や紅白戦ばっかやったんで、試合に出れてましたが、これが初のベンチスタートだったんですよね。

ベンチスタートなので試合みていろいろイマジネーション膨らまそうとしてたんですが、線審を任されて、それどころではありませんでした。

漫画の『ホイッスル』で
主人公が都の選抜チームに選ばれるも、それはバックアップメンバーであったため、練習試合では線審をやらされて悔しくて泣いた

というシーンを思い出しました。僕も辛かったです(笑)

こっちは結構スタメンが揃っており、相手も格下だったそうなので一本目はほとんどこちらがボールをキープしており、3-0で勝利しました。

二本目はサイドハーフでの出場となりました。
三本目はまたベンチだろうから、この二本目に出しきろう
という気持ちで臨みました。

チャンスの度にスプリントしてオーバラップし、クロスを上げたり、シュートしたり、自分で仕掛けてサイドを突破したりしました。
僕のクロスからゴールが産まれたり、アシストも出来ました。

ボールを奪われるとすぐにチェイスしてパスコースを限定させたり、カウンターを防いだりしました。

ドリブルもパスもクロスもまだまだで、もっともっと上達しないといけないな、って言うのはすごく感じましたけど、サッカー部に入ってから自分なりに必死にやって来たことが出せた30分やなかったかなと思います。
試合も4-0で勝ちました!

ただ誤算が。三本目も出ることになり、体力を使いきった体にムチを打ってオーバーラップを何本もした結果、足を釣りました(笑)

まだまだ成長しないといけないところはありますが、頑張って来たことが結果として少し出せて、達成感みたいなものも少し感じることが出来ました。



日曜日(9/25)はガンバの試合に会社の同期と行って来ました。試合は引き分けでしたが、点の奪い合いで見ごたえのあるいいゲームでした。

その帰りに何気なく仕事の話になったときに、お互いの会社での境遇や考え方が似ていて、とても話が盛り上がりました。

彼も僕も、心の奥で思ってることは
会社が傾いたりつぶれたとき、何で食ってくつもりなのか、
それは本当に食って行けるものなのか、
それをやっていて満足なのか、
ということでした。

僕は正直、同期にはギラツキのようなものがあまり感じられませんでしたし、
この会社に入ってもう安心、もうそれなりの人生が送れる
といったことを思っているような感じを受けてました。(TOEIC320点をネタにしたり、など)

僕は院生の頃、教授に
『この会社に入ったからもう安心、なんてことはこのご時世にあり得ない。二回、三回働く会社が変わるなんてざら。そんな時代の中で自分がどう生きていくのか、何を強みとして食っていくのか、常に自分の頭で考え、実践していきなさい』
と言われていた。

これは、教授の知り合いのメーカーでエンジニアをしていた人と話したときにも言われました。

なんというか、言葉では表現しにくいですけど、自分がどういう人間で、どういう強みを持ってるのか、どういう強みを作るのかを常に意識しとかないとダメやなと思います。

僕の人生は順風満帆と言えるようなものではありませんでした。

中学入試では受かると言われていた志望校にあと10点ほど足りずに落ち、高校入試では志望校の当日にお腹を壊し、試験どころではありませんでした。万全の状態で望んだその志望校の後期試験ではあと3点で不合格。
大学入試では日本有数の難関国立大を目指し、浪人までしました。模試の成績を見ても受かる受かると周りから言われながら、またしても落ちました。

こうやって、思い返せば受験で志望校に合格したことはありませんね(笑)

大学、大学院の研究室では規律の厳しい先生の研究室に入ったことで、随分苦労しました。

スパルタで有名な塾でボロクソに怒られながら勉強したにも関わらず落ちた中学、高校受験。
朝から晩まで予備校に缶詰になり、浪人までしたのに落ちた大学受験。
楽な研究室行っても最終学歴は同じなのに厳しい研究室に入って病みそうになった院生時代。

辛いことたくさんありましたけど、無駄になったとは思いません。

これらの経験で得たことは僕の考え方に大きな影響を与えてます。この経験をしてなかったら僕は僕では無かったと思います。

もともと抜けたとこがあり、サボりぐせだった僕の性格が代わったのもやっぱりこれらの経験があったからだと思います。

ストイックに頑張ったことは絶対無駄にならない。サッカーも勉強も仕事も同じ。

結果は結果でしかない。その過程でもがき苦しんだことが結果に反映されなくても、自分の中に残ると思います。