あおぞら。

ただのサラリーマンの日常です。

いろいろな出会いと縁

今日は法事でした。

思い返せば祖母が亡くなったのは大学一回生の時です。大学一回生って言われたら結構前な気もしますが祖母が死んでから、って考えたらものすごく早く感じます。

親戚のおっさんらとも話しましたがみんな気のいい人たちです(そうではない人が今日は来てなかったのもありますが…(笑))

兄の結婚ももうすぐで、人との縁や繋がりってほんま大事やなって感じます。

街で歩いていたらたくさんの人達とすれ違いますが、そのほとんど全員が知らない人達なわけです。一生の間に出会える人達なんてほんとに限られている。限られているからこそ、今周りにいてくれる人達との出会いに日々感謝して大切にしないといけませんね。


話は変わりますが、最近サッカー部の練習に行っています。

実はいろいろあってこの歳まで大好きなサッカーをやれずに来ました。

うちの会社のサッカー部はそんなに激しくないって噂も聞いていたのでえいやーで行ってみました。これが人生で最後のサッカーをやれるチャンスかな、と思って。

サッカー部の人達との出会いももちろんですが、サッカー自体との関係もある意味縁なわけです。

小学生の時に親に反対されてサッカー少年団に入れず、中学にはサッカー部が無く、高校大学ではずっとやってきた人達の中でうまくいかないのが怖くて逃げてしまいました。
その間にフットサルや社会人サークルのようなものでプレーはしてましたが、もっと真剣にサッカーがやりたかった。でも怖い…

この矛盾した感情がコンプレックスになって心の中に居座っていました。

小学生の時は親に反対されて、中学生の時は先生たちに反対されて、上達のために大事な時期である幼少期を大人に潰されたと思ってました。

正直言ってその気持ちは今も消えてはいません。だからその時期に親や先生の協力のもとぬくぬくとサッカーやってきたやつらに負けて、うまくいかなくてバカにされるのに耐えられなかったのもありました。

でもそんなことよりもただ純粋にサッカーが好きでサッカーがやりたいという気持ちがそんなコンプレックスを上回って行きました。

そして、社会人になったらサッカー部に入ろうと決意し、大学院時代研究室帰りに公園で一人で鍛練を積んでいました。

正直言って実際にプレーしてみたら一人で練習していたときのようにうまくいきません。ミスばかりです。周りにも下手やと思われていると思います。

でも単純にサッカー出来ることが楽しくて幸せです。
もっと早くこの気持ちに素直になればよかったと思ってます。

社会人サッカーライフを楽しみたいと思います。