むーみん協奏曲

ただのサラリーマンの日常です。

ぼく明日

インフルから復活し、この三連休(僕はずっと連休ですが(笑))に映画を観てきました。

『ぼくは明日、昨日の君とデートする』

気になった理由は単純で、単に物語の舞台が京都だったので、知ってるとこがたくさん映るかな?とか感情移入しやすいかも!と思いから気になりだし、福士くんも好きなので観に行くことにしました。

タイトルと映画の予告でだいたい話の大まかな流れは推測できましたが、ネタバレを読むのは嫌ので必死にこらえました。

(※以下、ネタバレを含むかもしれません)

映画を見終わり思ったことは、ネタバレを読んでいても読んでなくても楽しめたな、ということです。

映画のタイトルと予告でほのめかしていた小松さんが未来を知ってるのかも、ということから恐らく時間の流れがどうとか、そういう感じの話なんだろうなと思ってましたが、まぁその通りでした。

小松さんが演じる愛美は福士くんが演じる高寿がいる世界(つまり僕たちがいる世界)とは時間の流れる向きが逆方向の世界から来ており、同じ『今日』を過ごしても、明日会う相手はお互いに『昨日』の相手になってしまう。

しかも、二人が出会えるのは5年に一度、30日限定とのこと。

思い出を全く共有出来ず、30日たてば会えなくなってしまう、でも大好きな恋人。

この設定が切なすぎるんですよね~。

途中まで初々しくて見ていてムズムズするような話だったところから、急に切ない展開になり、二人の心情の動きなどがとても上手く表現されていました。

また冬の京都の景観が切なさをより際立たせるんですよね~

映画館では周りは泣いてる人だらけで、僕も泣きそうでした(笑)
(家の部屋で1人で見てたら泣いてたと思います)

心動かされるいい映画を観れてよかったです。

新たな年に

年末年始、兄夫婦が帰省してきて賑やかだった我が家。1つ問題が起きました。

それは、兄がインフルエンザにかかった状態で帰省してきていたこと。

予防接種を打っていた両親は感染を免れたものの、兄嫁と僕は新年早々インフルエンザを移され、寝込むことになりました。

貴重なお正月休みも寝込んでいたら終わり、さらに仕事始めの5日、さらに6日も会社に行けず、貴重な有給を消費して、予期せぬ?大型連休となってしまいました。

昨日まで寝込んでいたため、何もできなかったのですが…(笑)

新年早々ちょっと嫌なスタートとなりましたが、気を取り直して一年頑張って行こうと思います。

さよなら2016年

まだ30日ですが、おそらく明日更新するのは無理なので今日更新しときます!

いよいよ2016年が終わります。2016年は僕にとって『挑戦』の一年でした。


年が明けて修士論文、最後の学会、学生時代の仲間たちとの最後の時間。そして住み慣れた大阪を離れ地元滋賀へ帰ってきました。

いよいよ社会人に。

周りの環境ががらりと変わり、新たな仲間たちと出会い、慣れない環境のなか、1つ1つ仕事を覚え、頑張ってきしました。

上手くいかなかったこともたくさんあり、最後の最後まで悔しい思いをすることもありました。

まだまだ自分の人生、将来に見通しが持てないのも本音ですが、その中で今年一年を、今の環境で過ごせたのは自分の財産になると思います。


そしてサッカー。
大好きなサッカーを諦めたくないという一心でサッカー部に入り、限られた時間のなかで精一杯練習してきました。

最初はたぶんすごくバカにされてたと思いますが、アシストやゴールを決めたり、いいプレーをしたりして『上手くなったね』と声をかけてもらえることも増えました。

来年はもっともっと試合に絡んでいきたいです。



そしてそして、プライベートですが、なんとなんと



来年結婚するかもしれません!笑

これについても、また書いていきますね!


思い返せばたくさんのことがありましたが、時間がたつのは早くて、やりたいことの半分も出来てないんじゃないかとも思ってしまいます。

正月をぐーたら過ごすだけではなく、しっかりと一年の目標を立てて、新たな一年に期待を膨らまして行きたいです!

日々是好日

放置しすぎてまだ石垣島の旅記録も書ききれてはおりませんが、今日あったことを書いてみようと思います。
(11月の頭に仕事で北海道に行ったことも記事にしたいと考えてますが、この分だと怪しいです(笑))

今日は鈴虫寺に行って来ました。去年の秋にもお参りをさせていただいたのですが、今年も是非行きたいと思っていて、なんとか年内にお参りに行けました。

f:id:muminconcerto:20161218185821j:plain
(鈴虫寺の門の写真です。)

鈴虫寺にはわらじを履いたお地蔵さんがおられて、お守りを買って願いをすると、1つだけ願いを叶えてくださると言われているお寺です。

そもそも鈴虫寺は正式名称が華厳寺という名前だそうです。(今日住職さんから聞きました)

鈴虫寺と呼ばれるようになったのは、かつての住職さんが禅を組んでいる時、鈴虫の鳴き声を耳にしたことで
『寿命がわずか数週間の虫でもキレイな声で必死に泣いているのだなぁ』
としみじみと思ったことがきっかけで悟りをひらき、是非皆さんにも鈴虫の鳴き声を聞いて欲しいと言うことで飼育を始めたことに由来しています。

お庭がキレイなこと、鈴虫の鳴き声が聞けることに加え、お願い事を叶えたい煩悩にまみれた人間で土日祝日は大行列が出来るそうです。笑

紅葉シーズンも終わり、夕方に行ったこともあり、今日はそれほど並ばずにすぐに入れました。

参拝料500円を支払い中に入ると、お茶とお菓子、そして住職さんのお話でおもてなしをしてくださいます。

記憶が定かではないですが、昨年から住職さんは変わっていました。(昨年お参りに来た際に、検査入院をした話をされていたので、体調が良くなく、住職を変わられたのかもしれません。)

今日の住職さんの話の中で出てきた言葉が
『日々是好日』
です。

にちにちこれこうじつ
と読む仏教の言葉だそうで、その意味は単純に毎日がいい日ならいいのに~なんて軽いものではありません。

人間に出来ることは限られています。
未来に行って未来の世界を覗くことも、過去に行って過去の過ちの一つすら正すことが出来ない。

ただ出来るのは今を生きることだけ

過ぎてしまった過去にとらわれて心が今に無いことや、まだ来ぬ未来のことに不安を感じて今に心が無いことなんて、今を懸命に生きる上で本当は必要の無いもの。

しかし、そういったものに囚われている人は実際多いこと多いこと。

そう言う僕もそういった人間なんですけどね(笑)

もう1つ、禅の言葉で『即今 当処 自己 』という言葉をいたただきました。

即今とは、言葉の通り今正にこの瞬間のこと
当処とは、今自分のいるところ
自己とは、自分自身のこと

つまり『即今 当処 自己』とは今自分の置かれている状況の中で、自分が出来ることを、自分なりに精一杯やること、それこそが生きるということだという教えなのです。

過ぎ去った過去や遠い未来ばかりを考えるのではなく、今正にこの瞬間を精一杯生きねばならないのです。

仕事をするということは自分の限られた時間を使うということ、つまり自分の命を使うこと。
いい加減に仕事をするということはいい加減に自分の命を使うということになります。

これは何も仕事に限ったことではないと思います。

人生辛いことも、悲しいことも、どうしようもないことも、嬉しいことも、楽しいこともたくさんあるでしょう。でも、どんなことがあっても一喜一憂せず、今を懸命に生きる。

その結果付いてくるのが『思い返せば、いい毎日だった』という思いなのです。
それが『日日是好日』なのです。

2016年秋、石垣旅行~③

更新にかなり間が空いてしまいました。旅の記憶もだんだんと薄らいできてしまってますが(笑)続きを書いていきます。

2日目は朝からシュノーケル&ダイビングに挑戦。

お店でスーツを借りて船でポイントまで連れていってもらいました。

ポイントに到着し、海に入ります。

水は少し冷たいですが、すぐに慣れました。

そしてゴーグルを装着し、海の中を覗くと…すぐそこにお魚がいっぱい!!

めちゃめちゃ感動しました!

今までテレビでしか見たことがなかった風景が目の前に広がっていて、飽きもせず、ずっと海を覗いていました。

しばらくして、ダイビングの時間になりました。

僕はシュノーケルもダイビングも初挑戦なんですよね。耳抜きの仕方がわからないのでインストラクターに聞きました。

インストラクター『鼻をつまんでふんふん!これでおっけーです!』

いやいや、全然わからんよ!笑

案の定耳抜きが上手くできず、耳が痛すぎて何度も海面に戻っては耳抜きをし、結局巧く耳抜きが出来るようになって深いとこまで潜ったのは数分でした(笑)

f:id:muminconcerto:20161119150040j:plain

シュノーケルとダイビングを終えるとホテルに戻ってお風呂に入り、昼から川平湾に戻り、グラスボートへ。

途中でガーデン・パナというお店でお昼ご飯を。

f:id:muminconcerto:20161130101340j:plain

自家製ハーブたっぷりのご飯です(^ω^)ドリンクもハーブか何かの味が付いてました!(忘れてしまいました笑)

そしてそして、こちらがグラスボートです。

f:id:muminconcerto:20161130101227j:plain

中はこんな感じになってます!

f:id:muminconcerto:20161130101537j:plain

船にのってガラス越しに海の中を見る!というのがグラスボートです。
僕は朝のシュノーケル&ダイビングで疲れていたため、途中うとうとしてしまいました(笑)

グラスボート後は、この日もブルーシールアイスを食べました。味は…確かパイナップルです(笑)

ホテルに戻ると日没までプールへ。

f:id:muminconcerto:20161130103029j:plain

リゾート感出まくりでしょ!? 笑

プールから上がるとこの日も海辺を散歩して、夕日を眺めました。ただ、曇っていたため前日ほどキレイな夕日は拝めませんでした…

そうこうしてると、一番星が出てきたので晩御飯へ。

f:id:muminconcerto:20161130102244j:plain

お酒を飲めるようにと歩いてホテル近くのご飯屋さんへ。
内装は沖縄の古民家といった感じですね!

オリオンビール石垣牛の御膳を頼みました。

石垣牛のお肉はかなり高いので、肉そのものというよりは、こんな感じで少し使った料理を食べて堪能するのもありかなと思います!

石垣牛の御膳を食べていると、突如三線のライブが始まりました。

沖縄の民謡や海の声なんかを歌ってくれ、最後は店内みんなで踊ったりして、とても楽しい晩御飯でした。

ホテルへ戻るとお風呂に入り、2日目も終わりを迎えました。

2016年秋、石垣旅行~②

一日目。

朝5時前に起きて支度をしました。外はまだ暗かったです。

5時50分に家を出ましたが、ようやく明るくなり始めていました。

普段出社するときより、一時間以上も早い電車に乗って京都まで出て、京都から特急『はるか』で関西空港へ向かいました。

昔からよく見かけてたので、乗って見たかったんですよね(笑)

しかし、大阪に住んでいた頃は関空まで出るのもそんなに苦ではなかったのですが、さすがに遠いですね…

関空10時発の直通便にて石垣島に到着しました。

f:id:muminconcerto:20161022172755j:plain

めちゃめちゃ暑い!という感じではなかったですが、むしっとしていて長袖は着ていられなかったです。(ちなみに、家を出た時はめちゃめちゃ寒くて、息が白かったです。)

空港に近くのレンタカー屋さんでレンタカーを借りました。
この借りた車がそこそこ古い車で大変でした。

まず、初見ですぐ思ったのが汚い!ちゃんと清掃してるのかと言いたい!
次に鍵ですかね。昔ながらの鍵で、リモコンも付いてません(ディスクシリンダーキーって言うんですかね?)。ドアを開けるためには、鍵穴に鍵をさしてまわさないといけなくて、夜なんかは暗いので大変でした。
次にオーディオです。BluetoothもUSBも何もない!(つまり、ウォークマンで音楽が聞けない(笑))CD以外では音楽が聞けませんでしたが、当然CDなど持ってきておりません!笑
最後にナビです。これまた古い!あるはずの道が全然登録されていない!何度も惑わされました(笑)

そんなこんなで文句を言っていても仕方ないので、出発。石垣島を走ってる車は全体的に遅いです(30~40kmくらい。何故か『わ』ナンバーも遅い車が多かったです)

まずは玉取崎展望台に行きました。

f:id:muminconcerto:20161022173725j:plain

海が青いですよね~快晴ならもっともっと青くて美しいんでしょうね。
玉取崎展望台から見える海は、右側が太平洋、左側が東シナ海らしく、2つの海を同時に見れる数少ないところだそうです。

お昼ご飯は『明石食堂』というところでソーキそばを食べました。

f:id:muminconcerto:20161022174140j:plain

到着すると、お昼時を少し回っているのに結構人が並んでました。並んでるときに地元のおばちゃんに聞いたのですが、いつも行列で今日はまだ少ない方だそうです。
その理由がよくわかりました。このソーキそば、めちゃめちゃおいしかったです。今まで食べたソーキそばの中でもぶっちぎりで。ぜひ、また食べに来たいです。

お昼ご飯を食べてる途中、ものすごい雨が降ってきました。幸いすぐに止みましたが、この旅の途中何度も短時間の激しい雨に遭遇しました。南国特有のスコールですね!

昼食後、石垣島最北端の平久保崎灯台へ行きました。

f:id:muminconcerto:20161022174605j:plain

この日は風がものすごく強かったです。あまりここまで来る人は少ないのか、先程の玉取崎展望台より人が少なかったです。

その後、川平湾を経由してホテルに向かいました。

f:id:muminconcerto:20161023192217j:plain

川平湾は海のキレイさ(青さ)を評価するミシュランで星3つを取った海なんです。絵はがきのような景観で、とてもキレイですね。

f:id:muminconcerto:20161023192426j:plain

川平湾の近くにはこんな感じのお店がたくさんありました。グラスボートなどの乗船も出来ますが、今日は乗船せず、シークワーサー味のブルーシールアイスを購入してホテルへ。

川平湾から30~40分でホテルに到着。

f:id:muminconcerto:20161023192713j:plain

スマホで撮った写真の中に、ホテルの外観がわかる写真がありませんでした…(笑)
これはプールサイドです!空は太陽が沈んでマジックアワーになってます!
(太陽が地平線の下に沈んだ後、地平線の下から空をオレンジに染める時間をマジックアワーと言うそうです。)

部屋は残念ながら海の見えづらいところでした。また、先日の台風による停電で屋内プールも使用できないとのことで、すごく残念でした。
でもお部屋もキレイで施設もとても良いので、大満足でした。

夜からはナイトカヤックへ。
この日は満月のため、星が見えづらかったのですが、ガイドさん曰く、こんなにキレイな満月を見ながら、でも星も見える夜はそうそう無いそうです。
夜光虫や蛍も見ることが出来ました(^ω^)

ナイトカヤック後は晩ごはんです。しかし、時刻が遅くなっていたため、普通の飲食店は閉まっていました。
そのため居酒屋さんに行きました。

海鮮サラダや石垣牛のあぶりの握り、ミミガーチャンプルー、ラフテーなんかを食べました。
ボリューミーで味もとてもおいしく、大満足でした。

ホテルに戻ってからは大浴場へ。
大浴場内には岩盤浴、サウナ、水風呂、内のお風呂、露天風呂、シャワーなどがありました。

時間も遅かったため、今晩は軽く入って部屋に戻り、オリオンビールで晩酌をして寝ました。

2016年秋、石垣旅行~①

先日、有給を取って石垣島に行って来ました 。
せっかくなので旅行記でもつけてみます!

もともと僕は旅をするのが結構好きなんですよね。

プライベートな旅はもちろんですけど、出張や学生時代の学会などでも、いろんなところに行ってはその先々の風土や文化に触れることが出来て、そんな体験が自分の人生の大事な大事な一ページになるんですよね、

また、旅立つ前や、目的地に向う電車や飛行機に乗ってるときの、すごくわくわくする感じ。これから行くところは、どんなとこなんだろうと想像すること。

こんなことも旅の醍醐味として、とても好きです。

去年の同じ時期に沖縄本島に行ったので、今年は石垣島に行くことにしました。

写真もたくさん撮ったので載せていきたいと思います。