あおぞら。

ただのサラリーマンの日常です。

ニューヨークの空

another skyという番組がある。

もう1つの故郷という意味らしい。著名人が出てきては、自分の思い出の海外の土地を巡って苦労話や転機になったことを話す番組だ。

先日ブレーレイの録画番組を整理していて、過去にたまたま録画されていたanother skyを見た。

現在のanother skyのセットを作ったデザイナー、佐藤オオキの話だ。

(放送は2018年2月16日)


佐藤オオキは24歳の時、これからの人生何をやろうか模索中の中、卒業旅行でミラノに来ていた。
そこでたまたま訪れたデザインの展示会に衝撃を受け、『俺がやるのはこれだ!』と思い立つとそのまま何の知識もないのにデザイン事務所『nendo』を立ち上げた。
それから紆余曲折あり、何度も事務所が潰れそうな危機に直面したが、その度に危機を乗り越えて世界的なデザイナーとなった。

まず驚くのはその決断の速さ。
旅行で来ていた異国の地で衝撃を受けたからといって、何も知らない分野でいきなり事務所なんか立ち上げるだろうか?
少なくとも僕には無理だ。

そしてそのストイックさ。
デザイン以外のことで悩みたくないので、同じ服を何着も用意し、ご飯はいつも同じ店の同じ席で同じものを食べる。
デザイン以外の出来る限りのものをルーティン化してるのだ。

これは世界的に成功している人の中の見られる傾向として非常に有名だ。
例えばスティーブ・ジョブズ
彼も同じ服を何着も用意している。

人間は決断するときに脳のエネルギーを大きく消費する。
朝起きてまず歯を磨くのか顔を洗うのか。朝御飯は何を食べるのか。服はどれを着るのか。腕時計はどれにするのか。…
こんなことを考えているうちに、脳はエネルギーをどんどん消費していき、会社に着く頃には脳は疲れ果ててしまっているということだ。


社会人になると自分の自由になる時間は激減する。結婚してからは余計に、だ。
自分がやりたいこと、やらなければならないことをやるための時間を作るためにも、生活の一部をルーティン化して迷う暇なく効率的に動くことは非常に有効な手段だと思う。

ただ、佐藤オオキが朝に寝癖をなおすのが面倒くさいので、髪を永久脱毛してカツラを一種類だけ買っておきたいと言っていたのはさすがに笑った。笑

 

好きなデザインで食べていく、生きていくんだという覚悟をもって、本当にかっこいいなと思うし、いい刺激をもらえる。


そんな感じで、楽しく拝見させてもらったのだが、見終わったときにふと僕にとってのanother skyとはどこだろうかと考えた。
僕はもう27歳になので、これまでに何ヵ国か海外にも行っているが、その中で一番自分の人生に影響を与えたのはどこか。

僕は迷うことなく、すぐに思いついた。

昨年行ったニューヨークだ。

大きな夢を持って世界中から若者がやってくるNYは活気に満ち溢れていた。
待ち行く人たちは皆、野心と希望に満ち溢れ、ギラギラしているように見えた。


普段の僕の生活は、平日の5日間が会社への往復で終わり、束の間の週末をはさんでまた平日がやってくる。
こんな毎日を送る自分を客観的に見て
「檻の中の小鳥だな」
と思っていた。

週末の少しの時間だけ放し飼いにしてもらえて、また檻の中へ帰る。
檻の中は窮屈で自由がないが、檻の中にいる限りは食べるものに困ることはない。
でも檻の中の鳥は、狭い檻の中からまだ見ぬ遠い空に憧れを抱くものだ。

そんな僕にとってNYはまさに檻の中から憧れを持って眺めている「遠い空」に思えた。

応用情報技術者を受験して合格した

4月15日に実施された平成30年春の応用情報技術者を受験し、無事に合格してました。
今回も応用情報受験に関する僕の勉強方法や試験についての感想をまとめたいと思います。

(前置きとして、昨年10月に基本情報技術者を受験し、合格していたので今回は応用情報を受けました。
基本情報の記事はこちら
基本情報技術者試験を受けてきた - あおぞら。
ちなみに、どちらも一発合格でした!!)


応用情報技術者試験について
 応用情報技術者試験とは、基本情報技術者と同じく独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が主催し、合格すると経済産業大臣から合格証がもらえる国家試験になります。試験のレベルとしては情報処理技術者試験の共通キャリア・スキルフレームワーク(レベル1~4)のレベル3に位置付けられています。
詳細はIPAのHPでも確認していただけます。
IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:応用情報技術者試験

合格率はだいたい10%後半~20%前半程度で推移しています。前回のH29年秋は22.7%でした。
合格率だけを見れば基本情報技術者より少し難しいといった程度ですが、受験者の多くはすでに基本情報技術者に合格していたりIT技術者としての実務経験を何年も積んでいる人たちであることから、受験者のレベルが基本情報技術者よりも高いにも関わらず合格率は低いという事実があります。
一方で、応用情報技術者の午後問題では情報セキュリティ以外の分野が選択であるため、アルゴリズムやプログラミングといったIT系の初心者には難しいといわれる分野を回避して受験できることから、基本情報技術者に何度も落ちている人や基本情報技術者を受けずに受験している人が一発で合格することもしばしばあるようです。

世間的に見ればやはり「結構難しい資格」という印象があるようで、非IT系の人がIT業界に転職する際などは評価してもらえるようです。
また、IT系の会社では取得が昇進の必須条件になっていたりして持っている人がゴロゴロいるようです。(僕の会社の部署は非IT系企業のITやっている部署のためか、持っている人はほとんどおらず、持っている先輩なんかはちょっとドヤ顔しています。)

応情報技術者は基本情報技術者の上位試験になりますが、出題範囲がかなり被っているため、基本情報技術者に合格した方はすぐにでも受験した方が良いです。実際僕も昨年秋に基本情報に合格して今回の応用情報を受験しましたが、基本情報の知識がかなり残っていたため、勉強を進めるうえでとても助けられました。


■試験の構成
 応用情報技術者は午前、午後と試験が2つに分かれています。(基本情報技術者を受験されたことのある方は同じようなイメージで大丈夫です。)
午前試験はマーク式、午後試験は記述式でボーダーラインは午前、午後ともに60%。

午前はほとんどが知識を問う問題であるため、勉強は暗記メインになります。過去問と似た問題や全く同じ問題も多く出題されるため、しっかり対策すれば確実に通ります。
午後は記述式ということもあり、ビビる人が多くいますがしっかり対策すれば恐れることはありません。ただ、問題文がかなり長いため、多少の読解力が必要になります(大学入試センター試験を経験していれば大丈夫なレベルです)。
問1の情報セキュリティが必須で、問2~問11から4問を選択、全部で計5問に回答します。

※問2~問11の問題
問2:経営戦略
問3:プログラミング
問4:システムアーキテクチャ
問5:ネットワーク
問6:データベース
問7:組込みシステム
問8:情報システム開発
問9:プロジェクトマネジメント
問10:サービスマネジメント
問11:システム監査

問1、問4~問8がテクニカル系、問2がストラテジ系、問9、10、11がマネジメント系の問題になります。実際のIT技術者として働いている人はテクニカル系を、文系出身や非IT系の人はストラテジ系やマネジメント系の問題を多く選択する傾向があるようです。
どの問題を選択するかは非常に悩ましいところです。色々なサイトやブログにたくさんのアドバイスが書いているので、参考にしながら自分に合った問題を選択して勉強するようにしてください。


■試験結果
 すでに書いていますが、無事に合格することが出来ました。得点はざっくりと午前8割5分、午後7割5分でした。


■試験勉強について
 僕の試験勉強についてまとめていきます。参考にしていただければ幸いです。

・勉強開始時期
 1月の二週目あたりから勉強をはじめました。試験が4月15日であったので、約三か月勉強した計算になります。(仕事やプライベートが慌ただしくてみっちり三か月勉強できたわけではありませんが。。。)

・午前対策
 今回も過去問道場さん(応用情報技術者試験ドットコム)にお世話になりました。無料で午前試験の問題が解け、解説も見ることが出来る素晴らしいサイトです。受験者で活用していない人はほとんどいないのでは無いでしょうか。H25~H29までの計10回の過去問を通勤時間や昼休み、退社後に喫茶店などで何度も解き、すべての問題に完璧に回答できるようにしました。

上でも書きましたが、僕は基本情報に合格した次の回での受験だったので、応用情報の午前対策を全く始めていない時期でもぎりぎり6割をとることが出来ていました。しかし、基本情報を受験していない人や、合格からかなり時間がたっていて不安だという方は、まずは以下の参考書(キタミ式 応用情報技術者)で勉強を進めてみてください。

僕も購入して使っていました。かなり分厚いですが、丁寧な説明に多くのページを割いているため、読み始めるとすらすら読めてしまいます。僕も通勤時間に読み込んで基本情報受験後に忘れてしまっていた知識や、応用情報からの新たな知識を補うことが出来ました。
ネットのレビューなどではIT初心者向けのためこの参考書だけでは不十分で、合格教本など別の参考書も購入したと多くの人が書いていますが、僕はこのキタミ式と過去問道場さんだけで十分合格点に達することが出来ました。
応用情報の参考書はどれも分厚い(そして結構高い)ため、何冊も買う必要は無いと思いますよ。

・午後対策
 午後対策には「応用情報技術者 午後問題の重点対策」という問題集(通称 緑本)を使いました。ネットのレビューでもかなり評判が良く、応用情報の午後対策のバイブルになっているようです。


 
各分野ごとに実際の過去問が6題ほど(分野によって違う)掲載されています。そのため、この問題集を行うだけで約6回分の過去問を解いたのと同じことになります。
正直、緑本を進めるのはかなり時間がかかりました。途中で嫌になって挫折してしまう人も結構いるみたいです。
でも的を絞った問題の掲載と丁寧な解説があるため、この緑本でしっかりと勉強を行えば確実に実力はつきます。信じて頑張ってください。
僕は午後の問題は問1、問4、問5、問6、問7を選択しました。全てテクノロジ系の問題です。実際に業務で携わったことのある分野や得意な分野から選択問題を決めました。
あまり時間も無かったことから、実際に本番で解く予定の5つの分野以外は勉強を行いませんでした。(少し怖かったですが・・・) 

最後に、本番一週間前にH29年秋の問題を時間を計って解きました。(過去問と解答はIPAのHPから無料でダウンロードできます。)
緑本には僕が選択した分野のH29年秋の問題は載っていなかったため、全て初見でしたが、9割近く正解でき、時間も30分ほど余ったため、「これはもらったな」と思いました。


■試験本番について
・午前試験
 いきなり量子コンピューターに関する見たことの無い問題で焦りましたが、基本情報のときも最初の方に難しそうな問題を持ってきていたので、これがIPAのやり口だなと落ち着いて解き進めていきました。
ところどころ分からない問題もありましたが、解き終わったときには午前試験の通過を確信していました。過去問を解きこんだ成果ですね。
何度も見直しをして30分ほど前に途中退出しました。
IPAの公式解答での自己採点では9割ジャストだったので、どこをマークミスしたのか少し気になります。

・午後試験
 午後試験の対策していて僕が感じていたのは『記述解答の糸口は必ず問題文にある』ということ。
しかし、問一のセキュリティから「問題文に全く糸口ないやんけ!!」って問題ばかり。
かなり動揺して記述を書かずに、試験勉強でもかなりの正当率だった問7の組み込みへと移動。
しかし、組み込みも結構ややこしい問題でさらに動揺。
とりあえず問4のシステムアーキテクチャへ戻り順に解き進めるも、問5のネットワークの問題が初めて見た傾向の問題で全くわからない。
正直この時点ではかなり焦ってました。

一度深呼吸をして落ち着いてから、ネットワークを再び解いてみる。
じっくり考えると何となく「こういうことかな?」というレベルで解答を導けましたが、答えに全く自信がありませんでした。
セキュリティの問題も何度問題文を読んでも解答の糸口になるような所は無かったので、自分で考えて答えを書きました。
結局IPAの公式解答では複数の解答例が書かれており、問題文から解答の糸口を探るのではなく、知識を使って解く問題だったようです。

後日、予備校の解答やIPAの公式解答で自己採点してみたところ、一番不安だったネットワークですら6割はありそうだったので、ひとまず落ちてることは無いだろうと思っていましたが、合格発表まではやはりそわそわしました。


■今後について
基本情報は基礎知識を身に付けるために受けましたが、応用情報は資格手当て目当てでの受験でした。
手当に関して言えば、うちの会社は『応用情報技術者以上の国家資格』というくくりで一定額の手当てが支給されるため、今後高度試験にチャレンジして合格しても資格手当ての額は増えることはありません。
そのため、おそらく高度試験にはチャレンジしないと思います。
(僕は決して資格コレクターでは無いです。今は高度試験を受けるなら、プログラミングの勉強をしたい!)

応用情報に合格してから2年間は高度試験の午前Ⅰの試験が免除になるため、少しもったいないような気もしますが、、、


以上が僕の1月からの約半年間に及ぶ応用情報技術者の受験記録です。

2017年の春にQC検定2級を受験してから、半年ごとに基本情報技術者応用情報技術者と資格を受けて全て一発で合格するという目標を達成できて今はほっとしています。
本音を言えば、しばらく試験は受けたく無いですね、、、笑


最後に、この記事が少しでもこれから応用情報を受けようと思っていらっしゃる皆様のお役にたてば嬉しいです。
そして、皆様が無事に応用情報技術者に合格されることを祈っております。

仮想通貨の時代は来るか?

先日、ここでも紹介したホリエモンと落合陽一の『10年後の仕事図鑑』に
『これからは実際の貨幣は衰退していき、仮想通貨の時代になる』
といった趣旨の記載があった。

確かにその可能性は高い。
貨幣を製造するのにも当然コストがかかる。
『金を作るために金がいる』という矛盾だ。
さらにクレジットカードやデビットカードICOCASuicananacoなどお金の電子化はすでにかなり進んでいる。

小銭をじゃらじゃら持ち歩いたりATMで手数料を取られることを考えたら、電子化されたお金の持つメリットは大きい。
会計もすぐに終わるし、お釣りの渡し間違えなども起きない。

しかし、日本において仮想通貨が貨幣の主権を握るかは疑問だ。

そもそも仮想通貨は扱うのに多少なりとも知識が必要で、勉強しなければならない。
本屋に行けば仮想通貨について書かれた分厚い本が山積みされている。
日本人の大半がその山積みになってる本を購入して仮想通貨について勉強するだろうか。
ユーザー目線に立ったときに障壁が高いといえる。

また、もうひとつ大きな理由がある。
先のコインチェックの仮想通貨流出事件だ。
有名人も被害にあったことで、多くの日本人には
『仮想通貨=リスキーなもの、なんか危なそうなもの』
というイメージがより強く残ったのではないかと思う。


この先、テクノロジーの進歩に伴い貨幣の在り方はどのように変わっていくのだろうか。

アメリカなどのようにクレジットカード中心になるのか、落合陽一の言うように仮想通貨が主権を握るのか、はたまた全く新しいサービスが現れるのか。

それが結果どんな社会をもたらすのか。

とても楽しみである。

会社という湯婆婆に名前を奪われたエンジニアたち

先日、「10年後の仕事図鑑」を読んだ。

著者はホリエモンと落合陽一で、個人的に二人とも好きなので、本屋に立ち寄った際に新刊コーナーでこの本が特集されていたのを見て購入した。

内容は、昨今そこら中で聞く「AIが今後の世界をどう変えるか」という視点で、未来の仕事を考るものになっている。
その中で印象的だったフレーズが「会社員は湯婆婆に名前を奪われた人達」だ。
僕が普段抱えていたモヤモヤを実に的確に表している言葉だと思う。

「湯婆婆に名前を奪われた」とは何なのか。それを本の中ではエジソンを例に挙げて説明している。
簡単に言うと、蓄音機を僕らはもちろん「エジソンの発明した蓄音機」として周知しているけれど、もしエジソンがどこかの会社の研究員だった場合、それは「○○会社の開発した蓄音機」、になってしまうということだ。


会社に入り二年が経ち、エンジニアとしてプログラムを書くことも増えてきた。
中には難しい要求や複雑な処理を実現しなければならず、頭をひねらせながら試行錯誤し、時には海外のサイトにも情報収集に行く(もちろん全て英語だ)。
そしてようやく書き上げた一つのプログラム。僕にとっては大事な大事な、自分の子供のような存在だ。
しかし、会社員として僕が作ったプログラムは僕のモノではないのだ。
それは会社の製品、会社のツールであり、著作権も会社のものだ。
社内ではまだ「あいつの作ったプログラム」くらいには言われるけど、世(会社の外)に出るときには僕の名前はどこにもない。

僕は大切な大切な子供たちの「親」でいられないことが、切なくてたまらなかった。
まさに「湯婆婆に名前を奪われた千尋」だった。


昨年、人手が足りず既存ツールの変更を外注に委託した。先日そのツールを再度変更する必要があり、僕が変更を担当した。

ソースを開いてびっくり。そこら中に外注担当者の名前がコメントアウトされていた。
ベテランエンジニアの人たちは
「外注の人はよくこういうことをやるよ。「俺が書いたぜ」と客にアピールしたいのかな」
と笑っていた。
僕はまさしくその通りなのではないかと思う。
その会社にソースを書いた人を明記する、という決まりがあるかもしれない。
しかし、これは名前を奪わたエンジニアの小さな叫び声なのかもしれない。 

 

C言語への誘い

今年度が始まってもう二ヶ月だ。

昨年度まで仕事ではほとんどC#ばかり使っていたわけで、今ではC#での開発は自分の中でも不自由なく行えるようになった。
なのに今期が始まってみると、課題として渡されたのはC言語メインの開発。しかも開発環境はLinuxサーバなのでViコマンドを使わなければならない。

「ちょっと待ってください。C言語とかほとんどやったことないんですけど。
とりあえずやってみてで素人がやれるんだったら、どこの企業も社員教育に苦労しませんぜ旦那ぁ」
なんて上司に言えるわけもなく、笑顔で「はい。頑張ります。」と答えたものの、なかなか苦しんでいる。

僕のC言語の経験を以下に簡単にまとめたい。
・大学一回性の時の情報の授業で少し勉強した。
・大学二回生の時の演習の授業で簡単なシミュレーションプログラムを作った。
・M1の時に過去の先輩の作ったシミュレーションプログラムを数行いじった。
・昨年の年末、社内ツールの手直しを行った(これももとのプログラムをちょっといじっただけ)。その際に大学一回生の時に使っていたC言語の参考書を引っ張り出してきて一通り読み直した。

お恥ずかしい話、昨年末にC言語の参考書を読み直すまで、C言語にstringが無いこと(文字はcharの配列やポインタで扱うこと)、ポインタ、構造体などのC言語の基本となることを何も知りませんでした。
これで「一応C言語は少しやってました。」なんてドヤ顔で言ってたわけだから、なんとも恥ずかしい話である。

年末に何とかC言語の基本を頭に叩き込んだわけだが、年が明けてから三月末までまたC#で開発を行っていたわけだから、頭の中は完全にC#に逆戻り。

コンパイルが成功しないと思ったら
for(int i=0;・・・)
なんて書いていたり。
(C#ではfor文の中で変数iを宣言してよいが、C言語ではfor文の前であらかじめ宣言しておかなければならない。)

ようやくC言語とViに慣れてきたころに連休突入。。。

 


とまあ色々大変なことはあったけれど、新しい言語を修得していくことはそれはそれで面白い。
何だかんだで開発も順調?に進んでいるし。


何かC言語の良い本無いですかね?

マイクロソフトのC#無料セミナーに行ってきた

先日、マイクロソフトC#セミナーに行ってきました。

このセミナーのいいところは何と言っても、C#を開発したマイクロソフトがなんと『無料』で教えてくれるところ。

定期的に行われているみたいなので気になった人は一度調べてみてください!


C#基礎編のセミナー内容は以下のようになってます。
※参加には事前の申し込みが必要ですのでご注意ください。

1日目:配列とコレクション
2日目:オブジェクト指向とライブラリ
3日目:ファイルアクセス
4日目:HTTPとWeb Service
5日目:ネットワークの基礎


今度新たに作るアプリケーションにネットワーク部を実装する必要があり、調べてみたら都合良くセミナーが開催されていたので5日目の『ネットワークの基礎』に参加しました。


以前からこのセミナーの存在は知っていて、C#の勉強を始めた頃、上司に行きたいな~っとアピールしましたが、
『さすがに5日連続、しかも東京は無理』
と断られ、その時は諦めてしまいました。


日本マイクロソフト品川本社はJR品川駅から徒歩で5分くらいで着きます。
屋根の着いている歩道橋一本で行けるので、雨にも濡れません。

一階で受付を済ませ、エレベーターで31階へ。
お客様専用エレベーターがあり、セミナールームのある階まで直通でした。


セミナールームはそこそこ広い部屋で(全員で50人くらい座れる)、机の上にはセミナーで使うPCとテキストが置かれていました。

セミナールームの隣は休憩所のようになっており、ペットボトルのお茶やジュース、カップのドリンクなどが用意されており、なんとこれも全て無料!
他の参加者の人たちも浴びるように飲んでました。

休憩所からは東京の街並みが一望でき、これはさすがに
マイクロソフト凄すぎ』
と思わずにはいられませんでした。


午前中はプロトコルやISO基本参照モデル、IPアドレスなどネットワークの基礎的な内容についての講義でした。

正直、基本情報を受けたときに全部勉強した内容で、かなり退屈でした…(笑)

午後からは実際にPCを使ったハンズオンでの演習になります。

socketやTCPのクラスやメソッドについての説明があり、その後テストプログラムを自分で作ります。

個人的には午前の内容を薄くして、午後の演習の時間をもう少し取って欲しかったかな、と思います。


そんなこんなで、あっという間にセミナーは終了。


C#のセミナーに行けたことはもちろん良かったですが、ITに関わる仕事をしている人間として日本マイクロソフトの本社に行けたことはいい経験になりました。


お時間があるのであれば、皆さんも一度行ってみてはいかがでしょうか。

2017年

いよいよ2017年が終わりますね。


2017年は私にとって本当に大きな一年だった。

社会人になって約半年働いて2016年の年末には
『技術者として食っていくためにもっと知識を身に付けなければ』
という焦りがあったし、それが2017年の私の原動力となっていた。

品質管理検定2級や技術者情報技術者などの合格率が低く、世間的には難しいと言われてる資格にも合格したし、独学でプログラミングも勉強した。
4月からは希望していたソフト開発のチームに移れて、実際に仕事でソフト開発も行った。
自分の作ったソフトが思い通りに動いたときはとても嬉しかった。

プログラムの修得は社内で誰かが教えてくれるわけではなく、完全に独学で行わねばならず、かなり辛かった。
でも『ソフトを開発したい』という強い気持ちで乗りきれたし、それが自信に繋がった。

プライベートも結婚して家庭を持ち、公私ともに充実した日々を送れたのではないかと思う。

(引っ越し、基本情報、会社の昇給試験、結婚式とつまっていた9月~11月は常に何かに追われていて死ぬほどしんどかった。)


また、ハネムーンで訪れたニューヨークで(ITの盛んな西海岸ではないが)アメリカの文化を生身で感じることができたことは私のなかで本当に大きかった。

ここで言葉で綴れないようないろんな事を学べたし、また自分の英語力の無さも痛感した。
現地の人の話す英語に癖があったり、スピードが早すぎたりで聞き取れなかったことがあったし、何かを質問されてとっさに答えられなかったこともあった。
日頃から英会話の勉強はしていたが、まだまだ未熟であることを痛感させられた。

これから超情報社会になり、より世界が身近になっていくなかで、IT技術者として世界中の技術者と意思疏通するためにも英語力を上げたい。
(ソースコードで会話する、なんて言う人がいるがナンセンス極まりないと思う。)




振り返れば色んなことがあった一年だった。良い一年だったと思う。

ここ数日で2017年の振り返りはしたし、明日しっかり2018年の計画を立て、新たな一年に向かっていきたい。

f:id:muminconcerto:20171231154250j:plain
(夕暮れのブルックリン橋から見るマンハッタンの高層ビル群)