むーみん協奏曲

ただのサラリーマンの日常です。

北風と太陽に学ぶエンジニアリング

先日、ふらっと本屋さんを歩いていて面白そうな本があったので購入してみた。

『仕掛学』というタイトルの本で、仕掛けを用いて人間の行動を自分の期待する方へと上手く誘導するという内容だった。
例えば、ポイ捨ての多い所にミニチュアの鳥居を設置したり、自転車などの盗難が多い所に人の目を書いたポスターを貼ってみたり。
そうすれば、ポイ捨てや自転車の盗難が減るという。
(本来ならそもそもポイ捨てなどすべきではないという話は置いておいて)確かにミニチュアであろうと、鳥居が置いてあるところでは、なんとなく罰当たりになりそうなことは控えたくなるのはわかる。

この本の中で例として取り上げられていたのが『北風と太陽』だ。
みなさんご存じだと思うが、北風と太陽がとある旅人の上着をどちらが先に脱がすことが出来るか勝負をする、という話だ。
北風は上着を吹き飛ばそうと力一杯風を起こした。しかし風を起こせば起こすほど、旅人は寒がり上着にくるまってしまった。
一方、太陽は日差しを強くすることで旅人を暑がらせ、上着を脱がすことに成功したのだ。

子供のころ、この話を読んだ私は大きな衝撃を受けた。
幼い私はこの勝負は北風が勝つに違いないと予想した。北風は風を起こすことが出来る。だから上着を吹き飛ばしてしまえばいいと思ったのだ。
しかし私の予想は外れ、太陽が勝った。
私は
『そんな手があったのか』
と度肝を抜かれた。


この本の最後の方には技術者は自らの技術に固執しすぎているという話があった。
技術者は何か問題を解決する時、技術ばかりに目が行きがちである。自らの持つ最高の技術を駆使して、なんとか解決しようとする。しかし、見方を変えれば何てことない簡単なことだった、いうことが多々あるのだ。
たくさんの費用と最新の技術を用いて、難解な数式を解いたすえに開発された製品が最高の製品というわけではない。
仕掛学の本には一方ロシアは鉛筆を使ったというアメリカンジョークと共に書かれていた。


エンジニアは技術による対価として給料をもらう。だから、自身の技術を磨かないといけない。
それゆえストイックで野心溢れるエンジニアであればあるほど、最先端の技術や幅広い技術を学びたいと思うだろう。
そうして身につけた技術に誇りと自信を持つことは当然と言えば当然のことだと思う。

エンジニアは問題に対して、技術を用いてアプローチしている。
技術はいわば答えを導くための手段なのだ。
電磁気学のテストで過渡現象を解くにはラプラス変換を用いればよい、といった学生の頃のテストの解法のようなものなのだ。

しかし、エンジニアがいるのは正しい答えが何なのかわからない世界で、自分なりに正しいと思う答えを設定しなければならないのだ。
北風と太陽のように答えがわかっている世界ではない。

技術をたくさん知るということは与えられた答えに対して用いることの出来るかもしれないアプローチをたくさん知っているという事である。
しかし、技術は自分が設定した答えが本当に一番正しい答えであるという事(つまり何を作ればいいのかという事)までは教えてくれるわけではない。

エンジニアは技術を磨き続けないといけない。しかし自らの技術に溺れてはいけないのだ。

答えもその解法も、北風のように解くのか、太陽のように解くのか常に頭を悩ませる必要がある。

物理学は生きている

先日、会社の出身大学OB会による飲み会があった。

今年も出身大学から数人の新入社員が入ってきて、歓迎会をやったのだ。(私は幹事だった。)

在学中に顔見知りだった人などほとんどいないのだが、『同じ大学出身で同じ会社で働いている』と言うだけで話題には困らない。
話しは大いに盛り上がり、楽しい時間を過ごさせていただいた。



新入社員歓迎会ということなので、各々自己紹介をした。その際に同じ学科出身の1つ上の代の先輩が言ったことがとても印象的だった。

その先輩は現在うちの会社の製品の制御用ソフトを、C言語で作っている。
私がやっているのはアプリケーション系でJavaC#を主に勉強している(Cも勉強してはいるが、優先順位は低い)ため、少し畑違いといえばそうなのだが、近い境遇にいるということで勝手に親近感を持っていた。

『今はようやくC言語である程度自由にソフトを書けるようになりました。仕事の勉強はもちろん大切ですが、家では今でも大学時代にやっていた物理の勉強を続けています。
将来的に量子コンピューターの理論を理解したいと思っています。』

その言葉を聞いて私は胸の中の霧のようなものが晴れた気がした。

私にとって物理学は過去に学んだものとして片付けられていた。
自分にとって未知の分野で仕事をしなくてはならなくなり、その勉強が最優先だった。

しかし、過去の研究についてはずっと気がかりだった。
展示会に行けば太陽電池有機ELのあるブースを訪れて話を聞いたし、ドクターへ進学した友達からは自分のやっていた研究は今どうなっているのかと詳しく聞いた。


『この世の中を根底から支えている学問は何か』
という質問をしてみよう。あなたなら何と答えるだろうか?

物理学者はそれを『物理学だ』と答えるだろう。
確かに、この文明社会は難解な物理の法則によって成り立っている。

数学者はそれを『数学だ』と答えるだろう。
いかに難解な物理の法則を見つけようと、テクノロジーとして活用するには難解な数式を扱わなければならない。高い数学の知識を持たずして文明社会は作れないだろう。

また、化学者はそれを『化学だ』と答えるかもしれないし、経済学者は『経済学だ』と答えるかもしれない。

結局、様々な学問が集合したところに高いテクノロジーが生まれるのだ。それがイノベーションだ。

『私はIT技術者なので、他の学問は知らなくてよい』
などと言うことはとても馬鹿げたことだ。日本人だから英語を学ばないと言っているようなものだ。
ITに関連した仕事はこなせても、その先に進むことは出来ない。


私は大学院時代に共同研究先の企業や大学から有機半導体を作るための高分子材料などをもらっていたことがある。
私にはそんな高分子を合成することは出来ない。

だが化学者たちもまた、自分の作った高分子材料により作られた有機薄膜太陽電池がどんな物性を持っているのかを知ることが出来ない。

互いに協力しあって明日のテクノロジーを作っているのだ。

その際、物性を調べる上でもらった高分子の最低限の化学的な知識を知る必要がある。その上で物理学的な視点で考察を述べさせてもらった。
また、化学者も物性を調べてもらっても、物理に関する知識が全く無いため、内容が理解できないでは話にならない。
より良い高分子材料を得るために、互いが互いの学問をある程度知っておく必要があった。



私も学生時代には量子力学を学んでいた(量子コンピューターの理論はわからないが…)。
シュレディンガー方程式C#を使ってイノベーションを起こせと言われても何も思い付かない。
しかし、情報技術やプログラミングを学び続けていくうちに、かつて学んだ(もしくはこれから学ぶかもしれない)物理学の知識により、新たなイノベーションが起こせるかもしれない。

それが、情報系出身でないITエンジニアである自分の強みであると思っている。

私の中の物理学はまだまだ生きているのだ。

大学の役割とは

先日、大学院の時に所属していた研究室の発足20周年記念パーティーがあった。

この前の札幌出張で、院生の頃に学会で札幌へ行ったことを思い出し、みんなに会いたいな~と思っていたところだったので、今回の再開をとても楽しみにしていた。

この頃の仲間とは、何人かで飲みに行くことはあったけど、関西から遠方に就職した同期や先輩なんかには長らく会っていなかった。

久々の再会はとても嬉しかったし、みんなと昔の話をすると、学生の頃に戻ったみたいでとても楽しかった。

また、研究を頑張ってる後輩たちの話を聞くと、そんな後輩に昔の自分が重なって、後輩にも昔の自分にも負けてられないなと思えた。


私にとって、大学時代の研究室とはとても大切な場所である。

それは楽しい思い出があったとか、みんないいやつだったから、とかそんなレベルの話ではない。

エンジニアとして生きる上で、原点となる全てが詰まっている場所だったからである。

大学の研究室は何かを売ってお金を儲けているわけではない。そういう意味でメーカーとは異なる組織である。

しかし組織に属し、上司から与えられる仕事をこなすという点では同じだ。

研究テーマを与えられ、解決のための道筋や手法を自ら考え実践する。

そのために技術を学び磨く。

実験をして得られたデータを分析し、考察を行う。繰り返される実験と考察。
上手くいかないことの方がはるかに多い。

実験結果と考察を教授へ報告する。また他の学生とディスカッションを行うこともしばしば。時には激しくぶつかることも。

研究がようやく形になり始めると、資料にまとめる。それらは研究室内向けの報告書であったり、論文であったり、学会発表のスライドであったりだ。

こうして一つの仕事をやりとげていくということを学ぶのだ。


よく、新卒の新入社員は即戦力にならないという嘆きを聞く。

仕事上の技術的なことに関しては、確かにそうかもしれない。

実際に自身の行っていた研究をそのまま(またはその内容を使えるような)職に就ける者はごく限られた一部だ。
それゆえ、『即戦力』になる学生の確保はどのメーカーにとっても採用活動の中で最優先事項の一つだろう。
(私も就職活動をしていたとき、とあるメーカーのリクルーターから『即戦力としてうちの太陽電池部門に是非来て欲しい』と言われたことがある。)

だが、そういった学生の確保は容易ではないだろう。
本当にその道を極めたいのであれば修士でメーカーに行かず、ドクターへの進学を考えるだろう。

そもそも上で述べたように、活動の目的はメーカーと大学とで本来異なっているのだから、大学で行っていた研究をそのままメーカーで行うということは無理があるのだ。


『学部時代に専門に関する基本的な知識を学び、研究室配属後にそれらを用いた研究活動を行う』

大学におけるこの一連の活動は、紛れもなくエンジニアとしての基礎を作り上げていると私は思う。

私のように、大学時代の専門とは全く異なる部署に配属されても、上記の経験があるから、新たな分野であろうともエンジニアとしての土台を築いていけるのだ。


私は仕事で行き詰まったときや辛いときなどは、そっと目を閉じる。そして自分の原点である大学院の研究室へと帰るのだ。

人生最大の報酬は知的活動によって得られる

『人生最大の報酬は知的活動によって得られる』

キュリー夫人の言葉だ。
放射線の研究における彼女の業績は言うまでもない。
物理学者として大好きな研究に明け暮れ、後世に大きな影響を与える業績を残し、ノーベル賞まで受賞した彼女は、かつて物理学者の卵であった私にとって(私も院生の頃、有機薄膜太陽電池の物性について研究する、れっきとした『物理学者』だった)憧れの的だ。

学問をするということは、知識の量が増える。そうすれば広い見識で物事を考えることができるようになる。
ただし、これらはベースに過ぎない。
得た知識をもとにどのような発見をするか、どのようなモノを開発するかというのは研究者(もしくはエンジニア)のsenseによる。

これは私の持論だが、senseはある程度後天的に鍛えることが出来ると思う。
日々の些細なことに対しても、常にアンテナを張り巡らせて観察と考察を行う。
この積み重ねをやっているかいないかで、いざ研究(もしくは開発)の場に直面したとき、発想が大きく異なる。

こうした知的活動によって大きな功績を残すことは言い表せない幸福感に包まれるであろうことは言うに及ばない。


就職を機に私は研究者からエンジニアになった。
自由な研究の場を提供してくれる大学の研究室から、メーカーの開発部へと所属を移した。

そこにあったのは官僚主義であった。
官僚主義の会社が必要としていたのは知的活動を行うエンジニアではなく、笑顔で何でも言うことを聞く労働者であった。

少し前のエントリーでも書いたが、会社に入り知的活動を行う機会などまるでない。

今の部署に配属になり、プログラマーとして生きていこうと決意した。
それからプログラミングを勉強しているが、それを活かす場など与えられない。
『ソフト開発をやらせて欲しい』
という主張は
『どうせまだ出来ないだろ』
と一蹴される。

年度が変わり、仕事内容も少し変わりそうではあるが、この先どうなることやら。
エンジニアとしてのキャリアパスについて日々思い悩む。


今日は少し早く帰れそうなので、帰ったらJavaで作りかけているプログラムの続きを書こう。

札幌出張

この週末、4/6~7で札幌に出張へ行って来ました。

僕の部署はざっくり言えば、自社製品のIOT化を行うところで、今回は札幌にあるお客さんの施設に入れている設備に、IOT用の装置を設置に行くという仕事内容でした。
(営業さんだけでは不安なので開発部に作業してほしいとのことでした。)


装置の設置作業事態はお客さんの施設に何の影響も無いはずなのですが、念のためにと施設が停まってる深夜に作業することになりました。

そのため作業スケジュールは

6日 : 昼に伊丹空港出発し、札幌入り。晩御飯と休息をとって23時半に現場へ向けて出発。朝方に作業が終了し、ホテルへ戻る。
7日 : 起きて帰るだけ。

という感じ。6日のスケジュールを考えるとテンションは下がりましたが、7日は帰るだけなので夕方の飛行機を予約して、少しゆっくりしてから帰る予定にしました。


6日夕方に札幌入りして少し街を散策していると
『なんで今から仕事なんだよ~』
とやはり憂鬱な気分に。
サッポロビールを飲みながらジンギスカンでも食べて、その後はホテルへ帰って寝たかった(笑)

そういうわけにもいかず、味噌ラーメンを食べた後はホテルで少し仮眠をとり(寝坊が怖くてほとんど眠れなかった)、現場へ向けて出発しました。

今回の作業は1年間メインでやって来た仕事でしたし、同様の作業をする別の現場も経験してましたので大きなトラブルもなく27時過ぎに終了。
帰りに一緒に行った技術営業の課長さんからラーメンとビールを奢ってもらい、ホテルへと帰りました。

というわけで、仕事はこれにて終了!笑
今日(7日)はフリーの1日!何をするのかは事前に決めていました。


実は札幌に来るのは今回が2回目なんですよね。
約2年半前、秋の応用物理学会が北大で開催された際に、学会発表をするために札幌へやってきました。

研究室の仲間みんなで来ているので、当然夜はラーメンやジンギスカンを食べに行ったり、学会の合間や飛行機までの時間に札幌をぶらぶらしたりしました。

今回は1人で来て1人で帰るわけですし(技術営業の課長さんとは現地集合現地解散)、時間も限られてるのでその時にみんなと行った場所を巡りました。

テレビ塔に北海道庁、時計台にすすきのの街。

1人で来ているのに、その当時の事が思い出されて、当時の仲間とわいわいしているような気持ちになり、なんだか懐かしくてたまらなくなりました。

みんな、元気にしてるかなぁ。

同期が会社を辞めた

先日、同期が会社を辞めた。

会社に入れば誰しもが経験することだろう。

私の代はここまで、まだ誰も辞めていなかった。

あるものは
『俺達の代は優秀だな』
と語り、またあるものは
『誰が最初の1人になるかな』
と予想したりしていた。

彼の配属は東京で、京都にいる私はもう長らく顔を合わせていない。

彼の真意はわからないが、配属先(営業)がなかなかの激務で病んでいたと風の噂で聞いた。

彼の退社を聞いたとき、私は心の奥で少し
『羨ましいな』
と思った。

その真意は簡単だ。なぜなら、私も会社を辞めたいと思っていたから。

もうすぐ入社して丸一年になる。私は研究を捨て、就職したことを『後悔』以外のなんという言葉で表せばよいのかわからない。

会社の何がそんなに気に入らないのか。

仕事が面白くない、
金曜日の退社後は最高に幸せで日曜日の夜はこの世の終わりのような気分になる、
性格に難がある(馬が合わない)先輩がいる、
会社の体質が古い、

挙げればきりがない。

しかし、何が一番嫌なのか。その答えは明白である。

技術者として会社に入ったのに、技術を使った仕事があまりにもないのだ。

私に与えられる仕事は、派遣の女の子をやとってやらせればいいような、いわゆる雑務ばかりである。
雑務をこなしてくれる派遣の女の子をバカにしているわけではない。
それも大切な仕事である。
それをやらないと会社が回らない。

私が言いたいことは、私は技術者である。自分が全く携わってないプロジェクトに関する伝票を処理をするために大学院へ行って研究をしていたのでは無いのだ。

毎日毎日雑務の山を淡々とこなす。
当然、新たな技術などほとんど身に付かない。
そのくせ、時間はかかり残業ばかりの毎日になる。
何とか与えられた雑務の大半をこなす頃には新たな雑務が大量に降りかかってくる。


入社して以降、大した教育も受けていない。
やれOJTだ、仕事は手を動かして覚えろだ、などと新人研修をほとんどやらなかったくせに、実際与えるのは自分達のやりたくない雑務ばかりではないか。

そこに技術があったとしても、技術の深いところなど誰も教えてはくれない。

このままでは技術者として死んでしまうという危機感しかない。



私の会社は超大手ではない。

トヨタ三菱重工業などの、いわゆる超大手と言われている会社からすると資本金も桁が違うし、中小零細、町工場のようなものだと思う。

それでも、会社の規模的には大手に分類され、
保険の営業マンからは
『良いところへ勤めていらっしゃいますね。』
と言われ、マンションの営業マンからは
『お兄さんの会社ならローン組放題ですよ。』
などと言われる。

それゆえ、一応『大手企業』に就職したという安心感と慢心から、技術者としての自分の価値を高めようとしている人がなんと少ないことか。

そして若手に仕事を奪われる恐怖から、大した教育を与えず、面倒な雑務ばかりを『教育』としてやらせる。

結果、若手は仕事が楽しいと感じなくなり、技術が身に付かない焦りとストレスで日々思い悩むことになる。

自己採点

今日QC検定の基準解答が出ていたので自己採点してみました。

手法編: 45/49
実践編: 43/51
合計: 88/100

手法編での失点は、○×のとこで一問程度かなと思ってたので、4問も間違えていてショックでした。

実践編ももうちょいいけてるかな~っと思ってましたが、8問も間違えているとは…(笑)

(ひそかに)成績上位者の表彰を目指してましたが、お話になりませんでした!情けない!笑

ただ、とりあえずマークミス等なければ合格してそうなので一安心です。

これで基本情報技術者の勉強に専念出来ます。宣言通り早速昨日参考書も買ってきましたし。